コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田野 たの

5件 の用語解説(田野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田野
たの

宮崎県中部,宮崎市南西部の旧町域。鰐塚山地の北部,清武川の上流域にある。 1950年町制。 2006年宮崎市に編入。江戸時代飫肥藩領。約半分を国有林が占め木材を産するが,主産業は農業で,米のほか,ダイコンサトイモの生産が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でん‐や【田野】

田と野原。また、いなか。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

田野

宮崎県宮崎市にある道の駅。主要地方道日南高岡線に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんや【田野】

田畑と野原。
いなか。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田野
たの

宮崎県南部、宮崎郡にあった旧町名(田野町(ちょう))。現在は宮崎市の南西部を占める地域。旧田野町は1950年(昭和25)町制施行。2006年(平成18)宮崎市に編入。旧町域の中央部を占める河岸段丘は、かつて原野をなしていたため田野と称せられたという。日南(にちなん)山地の最高峰で県立自然公園になっている鰐塚(わにつか)山(1118メートル)を含み、清武(きよたけ)川の上流松山(まつやま)川が流れる。JR日豊(にっぽう)本線、国道269号、宮崎自動車道が通る。江戸時代は飫肥(おび)藩に属した。畑作が盛んでダイコン、サツマイモ、サトイモ、葉タバコの収穫が多い。干し大根が特産品。[横山淳一]
『『田野町史』全2巻(1983~1984・田野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田野の関連キーワード宮崎県宮崎市糸原宮崎県宮崎市熊野宮崎県宮崎市塩路宮崎県宮崎市神宮宮崎県宮崎市船塚宮崎県宮崎市芳士宮崎県宮崎市港宮崎県宮崎市南方町宮崎県宮崎市南町鰐塚山

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田野の関連情報