コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田野 たの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田野
たの

宮崎県中部,宮崎市南西部の旧町域。鰐塚山地の北部,清武川の上流域にある。 1950年町制。 2006年宮崎市に編入。江戸時代は飫肥藩領。約半分を国有林が占め木材を産するが,主産業は農業で,米のほか,ダイコン,サトイモの生産が盛ん。干しダイコンと葉タバコの生産量は国内有数。地域の一部はわにつか県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でん‐や【田野】

田と野原。また、いなか。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

田野

宮崎県宮崎市にある道の駅。主要地方道日南高岡線に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

でんや【田野】

田畑と野原。
いなか。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田野
たの

宮崎県南部、宮崎郡にあった旧町名(野町(ちょう))。現在は宮崎市の南西部を占める地域。旧田野町は1950年(昭和25)町制施行。2006年(平成18)宮崎市に編入。旧町域の中央部を占める河岸段丘は、かつて原野をなしていたため田野と称せられたという。日南(にちなん)山地の最高峰で県立自然公園になっている鰐塚(わにつか)山(1118メートル)を含み、清武(きよたけ)川の上流松山(まつやま)川が流れる。JR日豊(にっぽう)本線、国道269号、宮崎自動車道が通る。江戸時代は飫肥(おび)藩に属した。畑作が盛んでダイコン、サツマイモ、サトイモ、葉タバコの収穫が多い。干し大根が特産品。[横山淳一]
『『田野町史』全2巻(1983~1984・田野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田野の関連キーワード青森県五所川原市前田野目中芸広域連合衛生センタークロスカントリースキー自然素材アイスクリン宮崎県宮崎市田野町乙高知県安芸郡田野町クロスカントリー合併特例区協議会大和(山梨県)八田宗吉(1)MOVE ON結いの丘ドーム高知県安芸郡田野町の要覧田野いしん君宮崎県宮崎市うみのバニラ中芸広域連合田野(町)かすまぐさ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田野の関連情報