コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植(え)代 ウエシロ

デジタル大辞泉の解説

うえ‐しろ〔うゑ‐〕【植(え)代】

田植えの直前に行う代掻(しろか)き。荒代(あらしろ)・中代(なかしろ)の次に行う作業。植代掻き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の植(え)代の言及

【代搔き】より

…この面から下は耕起されない)上で土を練って漏水を防止するなどである。代搔きは砕土を中心とする荒代(あらしろ),砕土均平を兼ねる中代(なかしろ),均平を中心とする植代(うえしろ)を数日おきに行う。作業には,かつては人力のくわ,えぶり,畜力のまぐわなどが使われたが,現在では機械が普及し,耕耘機やトラクターにかご車輪,ロータリー,代搔きローター,ドライブ・ハローなどを装着して行うことが多い。…

※「植(え)代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植(え)代の関連キーワード代搔き古生代イネ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android