コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田面 タヅラ

デジタル大辞泉の解説

た‐づら【田面】

田の表面。たのも。また、田のほとり。
「―の闇を、蛍が光の線を引いて飛んだ」〈島木健作生活の探求

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たづら【田面】

田のおもて。また、田のほとり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の田面の言及

【一田両主制】より

…一田両主制下の小作田では,小作農(佃戸,佃農)の耕作権が,地主(田主,業主)の土地所有権からの規制をいっさい受けることなく,独立して売買・入質することの可能な物的権利として確立されていた。この場合,地主の土地所有権と小作農の耕作権は1対をなして,田底と田面(江蘇省),田骨と田皮(江西省),大苗(だいびよう)と小苗(福建省),糧業と質業(広東省)などさまざまの地方的名称で呼ばれたが,なかでも田面は耕作権を表す代表的名辞となっている。 辛亥革命以前の王朝国家の時代から,地主,自作農などの土地所有者は,たとえば明代では税糧,清代では地丁銭糧といわれる土地税を国家に納入する義務を負う一方,所有する土地を自由に処分することが法律上認められていた。…

※「田面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

田面の関連キーワード植え代掻き・植え代搔き・植代掻き・植代搔き不作付け水田施肥改善事業ラクディエン飯田川[町]八千代[町]小川 千甕印旛[村]一田両主制揚浜式塩田菱屋新田八朔人形垂柳遺跡小川千甕脱窒現象水田土壌安芸菖渓安芸荷青一田両主安芸思温

田面の関連情報