コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植田華亭 うえだ かてい

1件 の用語解説(植田華亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植田華亭 うえだ-かてい

?-? 江戸時代中期の篆刻(てんこく)家。
京都で高芙蓉(こう-ふよう)にまなび,その作風を江戸につたえる。書は伊藤華岡(かこう)に師事。印譜に「静正居印譜」。安永5年(1776)収集品をまとめて「采真堂印譜」を刊行。名は通央。字(あざな)は伯仲。通称は文蔵,文敬。別号に采真堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植田華亭の関連キーワード置塩粛庵片山伊与下司芝亭小島必端小林日谷清水伯民田中東峰前川虚舟三浦淳庵堀劽斎

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone