コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検察官適格審査会 けんさつかんてきかくしんさかい

2件 の用語解説(検察官適格審査会の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けんさつかんてきかくしんさかい【検察官適格審査会】

検察官の職務適格性を審査する機関。一一名の選任委員により構成。随時の審査と3年ごとの定時の審査とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

検察官適格審査会【けんさつかんてきかくしんさかい】

心身の故障や職務上の非能率などの事由により検察官として不適当なことがないかを審査して,法務大臣に通知する機関。検察庁法に基づき,内閣総理大臣の監督の下に,国会議員裁判官弁護士日本学士院会長および学識経験者の中から選ばれた11名の委員で組織される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

検察官適格審査会の関連キーワード休職裁判官訴追委員会現職功科万障職務犯罪偶発故障M・B・エディー四肢の故障 (breaking down)装蹄療法 (therapeutic shoeing)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone