学識経験者(読み)ガクシキケイケンシャ

大辞林 第三版の解説

がくしきけいけんしゃ【学識経験者】

専門領域の学問で評価を受け、豊富な経験と高い見識をもつと社会的に認められる人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がくしき‐けいけんしゃ【学識経験者】

〘名〙 ある専門の分野の学問的業績に対し、相当程度以上の評価を得、かつ社会的にも見識を認められるような経験豊かな人のこと。
※衆議院規則(1947)八一条「公聴会において、その意見を聴こうとする利害関係者及び学識経験者等〈略〉は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学識経験者の関連情報