コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検察庁法 ケンサツチョウホウ

世界大百科事典内の検察庁法の言及

【検察制度】より

… 戦後,日本国憲法の制定に伴い,司法と行政との分離がより徹底され,司法大臣の監督下にあった裁判所が三権の一翼として独立し,検察と裁判が分離された。裁判所構成法に代えて裁判所法(1947公布)および検察庁法(1947公布)が制定され,検察庁法が現在の検察制度の基本法となるのである。
[現在の検察制度]
 検察庁法によると,検察官は,検事総長,次長検事,検事長,検事および副検事の総称である。…

※「検察庁法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

検察庁法の関連キーワード検察官適格審査会検察官(司法)検察官(法律)法相の指揮権地方検察庁福井 盛太伊藤 栄樹日本国憲法刑事訴訟法最高検察庁指揮権発動高等検察庁検察事務官裁判所法身分保障造船疑獄区検察庁副検事検事長法務省