コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木正成妻 くすのき まさしげの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠木正成妻 くすのき-まさしげの-つま

?-? 南北朝時代の女性。
建武(けんむ)3=延元元年(1336)摂津湊川(兵庫県)で敗死した夫の首がとどけられた際,子の正行(まさつら)が後を追って自刃しようとしたところ,天皇への忠節と父への孝行を説き,夫の遺志をつがせたという。「太平記」にその逸話がみえるが,史実は不明である。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楠木正成妻の関連キーワード南北朝時代建武

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android