コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本碩水 くすもと せきすい

2件 の用語解説(楠本碩水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠本碩水 くすもと-せきすい

1832-1916 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)3年1月26日生まれ。楠本端山の弟。広瀬淡窓,佐藤一斎らに朱子学をまなぶ。肥前平戸藩(長崎県)藩校維新館教授となり,維新後は大学少博士。明治14年兄とともに郷里の長崎県針尾島で鳳鳴(ほうめい)書院をひらいた。大正5年12月23日死去。85歳。名は孚嘉。字(あざな)は吉甫。通称は謙三郎。著作に「聖学要領」「碩水文草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠本碩水

没年:大正5.12.23(1916)
生年:天保3.1.26(1832.2.27)
幕末明治時代の儒学者。名は孚嘉,字は吉甫,通称は謙三郎,碩水または天逸と号した。平戸藩士の子として,肥前針尾島(長崎県佐世保市)に生まれる。藩学維新館に学んだのち,九州遊学に出,広瀬淡窓の門に入る。さらに,肥後(熊本県)長洲の月田蒙斎から,崎門(山崎闇斎学派)の朱子学を承ける。25歳で藩学の助教となり,江戸に遊学して佐藤一斎に従学する。明治1(1868)年に貢士に任ぜられ役職に就くが,3年,棄禄して故郷に帰り,以後隠逸の生活を送る。兄の端山と共に,鳳鳴書院を建て,門人を育成する。崎門の朱子学を終生信奉したが,思想史に対する見方や,中国・日本の儒学者などに対する簡潔な評語には,鋭いものがみられる。編著に『朱王合編』(全4巻付1巻),『碩水先生遺書』(全12巻)などがあり,『楠本端山・碩水全集』に収められている。<参考文献>藤村禅『楠本碩水伝』

(柴田篤)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠本碩水の関連キーワード古賀茶渓西山完瑛宝田通文関常明漢儒久保侈堂国分元杏清水楽山菅井覇陵林双橋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone