コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本端山 くすもと たんざん

3件 の用語解説(楠本端山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠本端山 くすもと-たんざん

1828-1883 幕末-明治時代の儒者。
文政11年1月15日生まれ。楠本碩水(せきすい)の兄。肥前平戸藩(長崎県)藩士。佐藤一斎,大橋訥庵(とつあん)に朱子学をまなぶ。藩校維新館の助教,侍講となり,藩主松浦詮(あきら)に尊攘(そんじょう)思想を説く。明治14年郷里の長崎県針尾島に鳳鳴(ほうめい)書院をひらいた。明治16年3月18日死去。56歳。名は後覚。字(あざな)は伯暁。別号に悔堂。著作に「鞋韈日暦(あいべつにちれき)」「松島行記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠本端山

没年:明治16.3.18(1883)
生年:文政11.1.15(1828.2.29)
幕末明治期の儒学者。名は後覚,字は伯暁,端山または悔堂と号した。平戸藩士の子として,肥前針尾島(長崎県佐世保市)に生まれる。藩学維新館に学んだのち,江戸で佐藤一斎に従学する。帰藩後,儒員兼侍講となり,学制の改革を行ったり,治政の緊要十事を進言するなど,幕末の藩政に功績があった。維新後,官を辞し,郷里に鳳鳴書院を建て,門人を育成する。月田蒙斎に師事して,闇斎学派の朱子学を信奉した。静座体認を重んじたが,その家学は,孫楠本正継の『宋明時代儒学思想の研究』に繋がる。著書に『端山先生遺書』(全4巻)などがあり,『楠本端山・碩水全集』に収められている。楠本碩水は弟。<参考文献>岡田武彦『楠本端山』

(柴田篤)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くすもとたんざん【楠本端山】

1828~1883) 幕末・明治の儒学者。肥前の人。名は後覚、字あざなは伯暁。平戸藩儒官。はじめ陽明学を奉じたが、のち山崎闇斎の朱子学に転じ、道学を唱えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の楠本端山の言及

【静坐】より

…明の王陽明は〈事上磨練〉によって静坐を止揚した。幕末の儒者楠本端山は,静坐中,線香の灰が香炉に落ちるのを見て,万物一体を悟ったという。【三浦 国雄】。…

※「楠本端山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楠本端山の関連キーワード朝山素心古賀茶渓牧輗柴秋邨角田錦江関常明宮原易安越智高洲漢儒後覚

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone