コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業の秤 ゴウノハカリ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐の‐はかり〔ゴフ‐〕【業の×秤】

地獄で、生前の悪業の軽重をはかるという秤。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうのはかり【業の秤】

地獄にあって亡者の罪業をはかるという秤。 「娑婆世界の罪人を或いは-にかけ/平家 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報