コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娑婆 サバ

デジタル大辞泉の解説

さ‐ば【×娑婆】

しゃば(娑婆)」に同じ。
「―のほかの岸(=彼岸)に至りてとくあひ見む」〈・若菜下〉

しゃば【×娑婆】

《〈梵〉sahāの音写。忍土・堪忍土などと訳す》
仏語。釈迦が衆生(しゅじょう)を救い教化する、この世界。煩悩(ぼんのう)や苦しみの多いこの世。現世。娑婆世界。
刑務所・兵営などにいる人たちが、外の自由な世界をさしていう語。「娑婆の空気」「娑婆に出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

娑婆【しゃば】

サンスクリット,サハーの音写。三千世界の総称で娑婆世界ともいい,この世のこと。この世に生きる衆生は三毒諸煩悩(ぼんのう)を忍受するから忍界・忍土などとも呼ばれる。
→関連項目如来

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃば【娑婆】

原語はサンスクリットのサハーsahāとされ,訶(しやか),索訶(さくか)とも訳される。サハーは,本来大地を意味するが,釈尊がこの大地の上に生まれたことから〈釈尊の世界〉〈この世〉の意味になったと考えられる。それゆえ,娑は正しくは娑婆世界Sahā‐lokadhātuである。一方,これとは別に,堪忍(たんにん),能忍とも,雑会(ぞうえ)とも訳されている。前2者は原語のサハーを〈堪えるsah〉という動詞からつくられた語と解したためであり,後者はサハーとはまったく別の〈集会sabhā〉が原語であると解したためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さば【娑婆】

しゃば(娑婆)」に同じ。 「 -の外の岸にいたりて/源氏 若菜上

しゃば【娑婆】

sahā「堪忍」「忍土」「忍界」と訳す〕
〘仏〙 他の諸仏が教化する仏国土に対し、釈迦が教化するこの世界。娑婆世界。娑界。
人間の世界。この世。俗世間。
(軍隊・刑務所内や遊郭など)自由が束縛されている世界に対して、その外の束縛のない自由な世界。
[句項目] 娑婆で見た弥三郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

娑婆
しゃば

大乗仏典において、釈迦(しゃか)の教化する世界、すなわち、われわれ有情(うじょう)の住む世界をいう。サンスクリット語サバーsabhの音写。サンスクリット語の原義は明確でないが、まず梵天(ぼんてん)の称号の一つとしてサバーパティsabhpatiあるいはサハーパティsahpatiという語ができ、それからサバーまたはサハーという世界の名が分離したものと推定され、この梵天の支配する国土の意から、釈迦の教化する世界をさすものに転じたと考えられる。大乗仏教では、彼岸(ひがん)の浄土に対して、此岸(しがん)の有情の世界を娑婆というのであるから、本来娑婆世界は三千世界よりなり、有情、すなわち天、人、地獄、餓鬼(がき)、畜生(ちくしょう)、阿修羅(あしゅら)の六道を含むものである。しかし、わが国では、人間社会のみを娑婆といい、極楽(ごくらく)や地獄などと区別している。また、転じて、軍隊、牢獄(ろうごく)、遊廓(ゆうかく)など自由を拘束されたところからみて、外の自由な社会をもいう。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

娑婆の関連キーワード掴み取り十万億土安楽世界抄物書き厭離穢土娑婆っ気来目皇子土師猪手浮れ出る五穀潰し無明世界分段同居娑婆気業の秤朝比奈夢の夢浄土門仏国土土師氏俗世界

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

娑婆の関連情報