コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楮座 こうぞざ

世界大百科事典 第2版の解説

こうぞざ【楮座】

中世,紙の原料であるコウゾの特権的な取引に当たった京都の商人。当時もっとも大きい京都の紙需要は,地方から送られた年貢・商品紙と,洛中の紙製造販売業者(紙座)の手になる紙によって充足されていたが,楮座は洛中紙座に供給する原料コウゾの特権的な取引に従事していた商人団と考えられる。《惟房公記》によると,16世紀中葉の永禄年間に田中家久なるものが本所に貢納すべき公事にかかわっているので,おそらく座の座頭乙名の地位にあったものであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android