コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛中 らくちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洛中
らくちゅう

京都市の古くからの市街地をさす通称。とは都の別称で,中国の洛陽になぞらえた呼称。洛中は洛外に対する概念で,洛中洛外という表現がある。現在の洛中の範囲は必ずしも明確ではない。明治維新以前から市街地であった古い部分を漠然とさすこともあるが,通常,東大路西大路北大路,九条通の内側 (あるいは東は鴨川まで) をさしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

らくちゅう【洛中】

みやこの中。京都の市中。洛内。 ↔ 洛外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

洛中の関連キーワード富山県高岡市伏木古国府米沢市立上杉博物館おさん茂兵衛天文法華の乱露の五郎兵衛斎藤親基日記洛中洛外図石川甚四郎天明の大火亀屋五位女狩野永徳板倉政要四座雑色京都七口住吉具慶小石元瑞京都守護一条戻橋肘を張る洛中生息

洛中の関連情報