コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極年 きょくねん

2件 の用語解説(極年の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極年
きょくねん

国際極年」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極年
きょくねん
Polar Year

国際極年観測International Polar Yearのこと。これまで2回行われている。地球物理上の問題には規模が大きくて国際協同観測を必要とするものが多い。第1回は12か国が参加し、1882年8月1日から1年間、主として北半球高緯度地方を対象として気象、地磁気オーロラを観測した。日本は83年(明治16)3月から東京赤坂で地磁気を観測した。現在の気象庁の地磁気観測につながる観測業務であった。第2回は50年後の1932年(昭和7)8月から翌年8月まで、44か国が参加し、第1回の種目に加えてイオン圏物理の観測がなされた。富士山頂の通年気象観測はこのとき以来のものである。飛行機により高度5000メートルくらいまでの気象観測も行われた。[安田敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の極年の言及

【地球物理学】より

…これらを背景に,測地学,地震学,気象学,地球電磁気学,海洋学,火山学の六つの分科をもつ国際測地学・地球物理学連合が成立したのは1919年である。地球物理学各分野にまたがる国際的協同観測の歴史も古く,第1回極年は1882‐83年のことであり,50年後の第2回極年(1932‐33)を経て,第3回からは名称を改め25年後に国際地球観測年(IGY。1956‐57)として,気象,地磁気,電離層,太陽活動,海洋,地震,重力,人工衛星などの諸観測が実施された。…

※「極年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

極年の関連情報