国際極年(読み)こくさいきょくねん(英語表記)International Polar Year

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際極年
こくさいきょくねん
International Polar Year

極地の気象,地磁気オーロラなどの観測を行う国際協同観測事業。 1882年8月から 83年8月までに実施されたものが第1回。 50年後の 1932年8月から 33年8月までに実施されたものが第2回。 57年7月から 58年 12月までの第3回に相当するものは,国際地球観測年と改称して行われた。 1960年代の国際地球内部開発計画,70年代の国際ジオダイナミクス計画,80年代のリソスフェア探査開発計画に引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の国際極年の言及

【国際地球観測年】より

…日本も日本学術会議を中心に,南極観測をふくむほとんどすべての項目に参加した。このような国際的共同観測は,1882‐83年の第1回国際極年,1932‐33年の第2回国際極年につづいて行われたもので,その意義が大きいことから,その後ひきつづいて行われた地球物理学諸分野での各種国際共同観測事業の出発点となった。【上田 誠也】。…

※「国際極年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android