コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極流 キョクリュウ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐りゅう〔‐リウ〕【極流】

北極海・南極海から赤道の方向へ流れる海流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

極流【きょくりゅう】

南北両半球の高緯度海域を流れる海流北半球では北緯55°〜60°付近を偏東風に吹かれて西に向かう弱い寒流太平洋の場合はこれが大陸に沿って南下して親潮となり,東に向かってのちアラスカ海流として北上し,再び極流となって亜寒帯還流をつくる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょくりゅう【極流】

海流の一。南北両極地方から赤道の方向へ流れる寒流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

極流の関連キーワード南極周極海流朱絃舎 浜子雨田 光平朱絃舎浜子鈴木 鼓村大洋大循環柘植善太夫後京極良経双極分子流法性寺流後京極流九条良経荻原浜子藤原良経九条教家和田正重鈴木鼓村雨田光平京極秀綱北極海

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android