コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極細繊維 ごくさいせんいultrafine fiber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極細繊維
ごくさいせんい
ultrafine fiber

繊維の太さを表すのに,長さ 9000m当たりのグラム数を用いたデニールという単位がある。通常の衣料用繊維は約3デニール,つまり 9000m当たり約 3gである。これに対して,おおよそ 0.5デニール以下の細い繊維が極細繊維と呼ばれており,合成繊維製造の高度技術によって作られる。極細繊維を布状に加工すると非常にしなやかで緻密 (ちみつ) なものとなり,独特の性質・機能が出る。人工スエードや薄毛状の表面を持つ織物などのファッション素材,めがねふきや工業用のワイピングクロス,高吸水性を利用した洗髪速乾用タオル,ろ過布など応用も多岐にわたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

極細繊維の関連キーワードセルロース繊維化学繊維工業ピーチスキンシンサレートエアウィーヴ合成皮革類皮革工業遠藤守信岡本三宜衣服

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極細繊維の関連情報