コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温位 オンイ

6件 の用語解説(温位の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おん‐い〔ヲンヰ〕【温位】

水蒸気を含んでいない空気の塊の圧力を断熱的に1000ヘクトパスカルまで変化させたときに、その空気が示す温度。ポテンシャル温度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

温位【おんい】

深部の海水を水面まで持ち上げた時の温度。深部の水は圧力のために見かけの温度が上昇している。持ち上げる際,断熱膨張により約1℃/9000mの温度降下を示す。水塊の持つ熱を比較する時,温位を用いると深さの影響を除くことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海の事典の解説

温位

ポテンシャル水温」のページをご覧ください。

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんい【温位】

水蒸気を含まない大気の塊を1000ミリバールに断熱圧縮したと仮定した時の温度。気団の特性を表すのに用いられる。ポテンシャル温度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温位
おんい
potential temperature

乾燥空気を断熱過程によって標準気圧 P0(1000hPa)にしたときの温度で,TP0/P1-(1/γ)で与えられる(TP乾燥空気の初めの温度と圧力,γは定圧比熱定容比熱の比)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温位
おんい

水蒸気を含んでいない空気粒子を断熱的に標準気圧(1000ヘクトパスカル)までもってきたとき、その空気粒子が示す温度をいう。初めの温度(絶対温度)をT、気圧をpとすれば、温位θは次の式で定義される。
  θ=T(1000/p)0.29
この式から、断熱変化においては温位が変わらないこと、すなわち温位に保存性があることが示される。熱力学の第一法則から、空気粒子に加えられた熱量は、一部は内部エネルギーの増加(温度の上昇)に使われ、一部は外圧に抗して膨張する仕事に使われる。一方、気体の法則から、気圧、気温および比容の間には一定の関係がある。いま、空気粒子を断熱的に気圧の低い所にもってくると、空気粒子は膨張するが、それに必要なエネルギーは断熱的であるために、内部エネルギーによってあがなわれ、その分だけ空気粒子の温度は低下する。反対に、空気粒子を気圧の高い所へもってくると、その温度は上昇する。このように空気粒子の運動によってその温度は変化するので、保存性がない。しかし、温位を用いると空気の運動が断熱的である限り、保存性がある。このため温位は気団の解析や前線の検出などに利用される。実際の空気には水蒸気が含まれており、凝結に際して潜熱の放出があるため、この影響を考慮した相当温位が用いられる。相当温位は湿潤断熱変化に対して保存性がある。そのため、高温多湿な気団の解析や梅雨前線(前線を境に東日本では気温差が大きく、西日本では湿度差が大きい)の検出には相当温位がきわめて有効である。[股野宏志]
『小倉義光著『総観気象学入門』(2000・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の温位の言及

【断熱変化】より

…空気を理想気体とみなし,初期状態の気温(絶対温度,以下同じ)をT,気圧をp,最終状態の気温をT0,気圧をp0とすれば,この断熱変化にはポアソンの式と呼ばれるの関係がある。p0=1000hPaとしたときの温度T0を温位(ポテンシャル温度)と呼び,断熱変化に対して変化しないため,上層の気温と下層の気温を比較する場合などに使われる(乾燥空気では(γ-1)/γは約0.286となる)。 乾燥空気が断熱変化しながら上昇するとき,100mごとに約1℃気温が低下する(この値を乾燥断熱減率という)。…

※「温位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

温位の関連キーワード温度差発電恒温槽捏ち上げ持ち上げる・持上げる曲持限界温度帯ネール温度ハネる原発の温排水サポートスカル

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone