コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温位 オンイ

百科事典マイペディアの解説

温位【おんい】

深部の海水を水面まで持ち上げた時の温度。深部の水は圧力のために見かけの温度が上昇している。持ち上げる際,断熱膨張により約1℃/9000mの温度降下を示す。水塊の持つ熱を比較する時,温位を用いると深さの影響を除くことができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おんい【温位】

水蒸気を含まない大気の塊を1000ミリバールに断熱圧縮したと仮定した時の温度。気団の特性を表すのに用いられる。ポテンシャル温度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温位
おんい
potential temperature

乾燥空気を断熱過程によって標準気圧 P0(1000hPa)にしたときの温度で,TP0/P1-(1/γ)で与えられる(TP は乾燥空気の初めの温度と圧力,γは定圧比熱と定容比熱の比)。乾燥空気の断熱変化では,この量が保存される。すなわち,熱力学におけるエントロピーに対応する温度の次元をもつ量ということができる。より一般的に,水蒸気を含む空気をある一定の過程を経て標準気圧 P0にしたときの温度のことも温位という。気象力学においては圧力,風速などとともに頻出する基本量である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温位
おんい

水蒸気を含んでいない空気粒子を断熱的に標準気圧(1000ヘクトパスカル)までもってきたとき、その空気粒子が示す温度をいう。初めの温度(絶対温度)をT、気圧をpとすれば、温位θは次の式で定義される。
  θ=T(1000/p)0.29
この式から、断熱変化においては温位が変わらないこと、すなわち温位に保存性があることが示される。熱力学の第一法則から、空気粒子に加えられた熱量は、一部は内部エネルギーの増加(温度の上昇)に使われ、一部は外圧に抗して膨張する仕事に使われる。一方、気体の法則から、気圧、気温および比容の間には一定の関係がある。いま、空気粒子を断熱的に気圧の低い所にもってくると、空気粒子は膨張するが、それに必要なエネルギーは断熱的であるために、内部エネルギーによってあがなわれ、その分だけ空気粒子の温度は低下する。反対に、空気粒子を気圧の高い所へもってくると、その温度は上昇する。このように空気粒子の運動によってその温度は変化するので、保存性がない。しかし、温位を用いると空気の運動が断熱的である限り、保存性がある。このため温位は気団の解析や前線の検出などに利用される。実際の空気には水蒸気が含まれており、凝結に際して潜熱の放出があるため、この影響を考慮した相当温位が用いられる。相当温位は湿潤断熱変化に対して保存性がある。そのため、高温多湿な気団の解析や梅雨前線(前線を境に東日本では気温差が大きく、西日本では湿度差が大きい)の検出には相当温位がきわめて有効である。[股野宏志]
『小倉義光著『総観気象学入門』(2000・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の温位の言及

【断熱変化】より

…空気を理想気体とみなし,初期状態の気温(絶対温度,以下同じ)をT,気圧をp,最終状態の気温をT0,気圧をp0とすれば,この断熱変化にはポアソンの式と呼ばれるの関係がある。p0=1000hPaとしたときの温度T0を温位(ポテンシャル温度)と呼び,断熱変化に対して変化しないため,上層の気温と下層の気温を比較する場合などに使われる(乾燥空気では(γ-1)/γは約0.286となる)。 乾燥空気が断熱変化しながら上昇するとき,100mごとに約1℃気温が低下する(この値を乾燥断熱減率という)。…

※「温位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

温位の関連キーワード等温位面天気図対流混合層気象熱力学高層天気図大気安定度定容比熱定圧比熱乾燥空気等温位線保存性等温線天気図熱力学断熱図気団渦度湿舌大気特性