コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極軌道衛星 きょくきどうえいせい

1件 の用語解説(極軌道衛星の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

極軌道衛星【きょくきどうえいせい】

軌道傾斜角が80°から100°くらいにある衛星を一般に極軌道衛星という。地球のほぼ全体をカバーする観測のためには極軌道衛星が必要で,多くの衛星が極軌道衛星である。
→関連項目NOAA

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

極軌道衛星の関連キーワード朝焼け軌道要素斜角リクライニングシートインクラインベンチ黄道傾斜斜角筋リクライニングチェアプラステイ・クライニング緩傾斜

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone