コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楼蘭遺跡 ろうらんいせきLou-lan

1件 の用語解説(楼蘭遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楼蘭遺跡
ろうらんいせき
Lou-lan

中国シンチヤン (新彊) ウイグル自治区ロプノール湖畔にある遺跡。漢代の文献には,楼蘭の地名がみえ,前漢の武帝は元封3 (前 108) 年に匈奴の支配下にあった楼蘭国を征服し,ここを西域経営の重要拠点としたことが記載されている。 1900年 S.ヘディンロプノール付近の探検旅行を行い大遺跡を発見し,その後,M.A.スタイン,日本の大谷探検隊もここを訪れ,この大遺跡が楼蘭に比定された。ここからは,軍府跡,仏塔,小城堡などの建造物,木簡,多くの古文書類などが発見され,漢代以降 400年前後まで,西域文化の一大中心であったことが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone