コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楼蘭 ろうらん Lou-lan

6件 の用語解説(楼蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楼蘭
ろうらん
Lou-lan

中国,シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区ロプノール地方にあった都市国家。原名をクロライナ Krorainaといい,前2世紀頃漢人に知られて以来,楼蘭と漢訳された。東西交通の要衝であり,西域地方有数の市場町で,ロプノール(羅布泊)湖一帯にわたる一独立王国を築いていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろうらん【楼蘭】

中国、時代の西域諸国の一。また、その中心となったオアシス都市タリム盆地東部、ロブノール西北岸にあり、シルクロードの要衝として繁栄。前77年、漢の属国とされ、鄯善(ぜんぜん)と改称。ロブノールの移動によって衰退、7世紀には廃墟と化した。20世紀に入って遺跡が発見された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

楼蘭【ろうらん】

中国,漢・魏時代ロブ・ノール北岸にあったオアシス都市国家。原名はクロライナ。東西交通の要地で,前77年漢に占領され国号も【ぜん】善(ぜんぜん)に改められた。ヘディンが1899年―1902年の探検旅行中に発見,その後A.スタイン大谷探検隊大谷光瑞)が調査,寺院群の跡,ガンダーラ式の仏像や仏画,多数の文書などが発見されている。
→関連項目クルレタクラマカン砂漠橘瑞超タリム盆地ミーラーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろうらん【楼蘭 Lóu lán】

中国,漢代の西域のオアシス都市国家。原名はクロライナKroraina。その都城址は,新疆ウイグル(維吾爾)自治区ロプ・ノール(羅布泊)の北西にある。楼蘭の名は,前176年(文帝の4年),匈奴(きようど)から漢に送られた書簡の中にはじめて登場するが,以後も,匈奴・漢両国の支配下に置かれることが多く,前77年(元鳳4)には漢によって国王が殺害され,国号も楼蘭から鄯善へと改められた。前1世紀の鄯善,すなわち楼蘭(クロライナ)の戸数は,1570戸,人口は1万4100と伝えられ,当時の西域のオアシス諸都市の中では中程度の規模であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろうらん【楼蘭】

中国、漢魏時代の西域のオアシス都市国家。タリム盆地のロブノールの西岸に遺跡がある。シルク-ロードの要衝として繁栄。紀元前77年漢が征服して国号を鄯善ぜんぜんとした。1900年ヘディンにより遺跡が発見された。クロライナ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楼蘭
ろうらん

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区、タリム盆地東端の古代遺跡。『漢書(かんじょ)』西域(せいいき)伝にみえる(ぜんぜん)国の旧名。タリム川の末端であるロプノールの西北岸にある。敦煌(とんこう)から西方に向かうと、まず到達するのがこのオアシスであり、古来、シルク・ロードの要衝として繁栄した。紀元前176年ころ匈奴(きょうど)の支配下に入ったが、前漢が西域への進出を図るとともに、漢と匈奴の抗争の地となり、前108年、漢の趙破奴(ちょうはど)は匈奴を駆逐して征服し、楼蘭王を捕らえたので、以後楼蘭は漢と匈奴に両属した。その後も楼蘭はしばしば漢使を迫害したので、前77年、漢は傅介子(ふかいし)を送って王を殺し、王弟の尉屠耆(いとき)を王とし、国名を善と改めた。以後この国は漢史には善国の名で現れ、後漢(ごかん)時代に入っても班超(はんちょう)に服属した。2世紀末か3世紀初め、この国は西方から到来したクシャン朝の移民団に征服され、公文書にカローシュティー文書(もんじょ)(ガンダリー語)を使用する統一国家となった。その領域は東はロプノール周辺から西はニヤ遺跡まで、東西900キロメートルに及ぶ大国であった。この文書によると、この時代に楼蘭はペーピヤ、タジャカ、アムゴーカ、マヒリ、バスマナという5人の王が君臨していた。この国は大王の下に複雑な官僚機構をもち、チャルマダナ、サチャ、チャドータなどのオアシスを支配し、各オアシスにはチョジボー(地方長官)やソータムガ(徴税官)が任命され、駅伝制が置かれていた。ニヤのようなオアシスはラーヤ(王領)とよばれ、そこには町(ナガラ)と村(アバナ)があり、税としてバター、ヒツジ、穀物、ぶどう酒、フェルト、カーペットなどが徴収された。宗教としては仏教が盛んで、各オアシスに僧団が置かれ、それぞれ首都クロライナ(楼蘭)の僧団に統率されていた。僧侶(そうりょ)は官職につき、妻帯を許され、土地・奴隷を有して豊かな生活を送っていた。クロライナ南方のミーラン出土の壁画は、この国の文化がきわめて西方色豊かであったことを示している。
 楼蘭西端のニヤは4世紀に滅んだらしいが、楼蘭王国は4~5世紀、中国の中原(ちゅうげん)王朝と冊封(さくほう)体制を結び繁栄した。しかし439年、北魏(ほくぎ)が涼州にあった北涼を滅ぼしたため、442年その残党が楼蘭を攻め、その3年後には北魏の万度帰の軍が楼蘭を占領した。その結果、448年には北魏の交趾(こうし)公韓牧(かんぼく)が新しい王として赴任した。この地方はオアシスとしては、この後もしばらく命脈を保つが、7世紀以降は廃墟と化した。[長澤和俊]
『長澤和俊著『楼蘭王国』(1976・第三文明社) ▽ヘルマン著、松田寿男訳『楼蘭』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楼蘭の関連キーワード于闐莎車西域都護オアシス都市庫車吐魯蕃シワオアシスハルガオアシスねこのオアシス真夜中のオアシス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楼蘭の関連情報