コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍さび やりさび

世界大百科事典 第2版の解説

やりさび【槍さび】

端歌・うた沢の曲名。本調子。〈槍はさびても名はさびぬ……〉と歌いだされることから曲名とされた。元歌は《浮れ草》(1822刊)にある《与作踊おんど》で,幕末になってから,歌沢笹丸が歌詞を改め,うた沢や端歌として広く歌われるようになった。武士の体面は腰の刀に残している,という浪人の心意気がうかがえ,当時の世相をうつしている。テンポのおそい曲で,替歌もあり,歌舞伎音楽では殺しの場に使われる。【舘野 善二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

槍さびの関連キーワード端唄端歌

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android