コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍さび やりさび

1件 の用語解説(槍さびの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やりさび【槍さび】

端歌・うた沢の曲名。本調子。〈槍はさびても名はさびぬ……〉と歌いだされることから曲名とされた。元歌は《浮れ草》(1822刊)にある《与作踊おんど》で,幕末になってから,歌沢笹丸が歌詞を改め,うた沢や端歌として広く歌われるようになった。武士の体面は腰の刀に残している,という浪人の心意気がうかがえ,当時の世相をうつしている。テンポのおそい曲で,替歌もあり,歌舞伎音楽では殺しの場に使われる。【舘野 善二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone