コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍さび やりさび

1件 の用語解説(槍さびの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やりさび【槍さび】

端歌・うた沢の曲名。本調子。〈槍はさびても名はさびぬ……〉と歌いだされることから曲名とされた。元歌は《浮れ草》(1822刊)にある《与作踊おんど》で,幕末になってから,歌沢笹丸が歌詞を改め,うた沢や端歌として広く歌われるようになった。武士の体面は腰の刀に残している,という浪人の心意気がうかがえ,当時の世相をうつしている。テンポのおそい曲で,替歌もあり,歌舞伎音楽では殺しの場に使われる。【舘野 善二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

槍さびの関連キーワード端唄本調子一本調子梅にも春神さびる端歌物鬢のほつれ槍錆歌沢ひとり者はさびしい

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone