心意気(読み)ココロイキ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐いき【心意気】

気だて。心ばえ。特に、さっぱりした気性。
「あの鼠小僧と云う野郎は、第一―が嬉しいや」〈芥川鼠小僧次郎吉
物事に積極的に取り組もうとする気構え。意気込み。気概。「心意気を示す」
気どること。つもりになること。
「艶二郎は役者、女郎などの―にて」〈黄・艶気樺焼
真実な気持ち。こころね。
「面(つら)で恋はしねえ。―でするといふのス」〈滑・浮世床・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こころいき【心意気】

長崎の日本酒。酒名は、全国公募により命名。「新たな意気込み、将来に向かって飛躍を期する心意気」の意味が込められている。ラインナップは大吟醸酒、純米酒など。原料米は山田錦。仕込み水は玄武岩層の伏流水。蔵元の「壱岐焼酎協業組合」(現・壱岐の蔵酒造)は昭和59年(1984)創業。所在地は壱岐市芦辺町湯岳本村触。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

こころいき【心意気】

物事に積極的に向かってゆく、きっぱりとした態度。また、そういう気性。気概。 「 -に感ずる」 「その-がうれしい」
きっぷのよい心。意気地。気概。 「大阪商人の-を見せる」 「辰巳芸者の-」
性格。気性。気質。 「世の中に大部かういふ-の者が有るて/黄表紙・艶気樺焼」
なったつもり。また、気どり。 「艶二郎は役者・女郎などの-にて/黄表紙・艶気樺焼」
真情。こころね。 「ぬしの-次第でどうともしいすのさ/洒落本・傾城買二筋道」
(歌舞伎で)真情を表現する身振りや表情をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心意気の関連情報