コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

替歌 かえうた

3件 の用語解説(替歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

替歌
かえうた

原作詩の文体や韻律をまね,風刺,揶揄の意をこめた模倣詩をいう。パロディーの一種。 1940年,当時の軍国日本が神武天皇の即位 2600年記念の歌として発表した「紀元二千六百年奉祝歌」の「金鵄輝く日本の栄えある光身に受けて…」の替歌で,43年の戦時下大増税で当時のたばこ「金鵄」「光」などが,それぞれ 10銭から 15銭,18銭から 30銭に値上げとなったときに行われた「金鵄あがって 15銭/栄えある光 30銭…」などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かえ‐うた〔かへ‐〕【替(え)歌】

ある歌を、旋律はそのままにして歌詞だけ替えて歌うもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かえうた【替歌】

ある歌の旋律に他の歌詞をもじって意味を変えた歌。歌詞に関係のない旋律による替歌も少数ではあるが作られている。多くの場合,歌詞のもじりは社会(とくに権力や権威)に対する風刺的批判として現れ,それゆえに多くの人びとに歌いつがれる。社会状況が迫しているなかで,みずからの気持ちをすでにある歌の旋律に託して歌われることが多い。 第2次大戦中にはやった《愛国行進曲》の歌詞〈臣民われら皆共に 御稜威(みいつ)に副(そ)わん大使命〉が,〈臣民我等皆共に 水を飲んで大悲鳴〉と変えて歌われたが,権威ある者に生活,精神を圧迫されていると感じた人びとが,権威をナンセンスなものにしてしまう替歌によって,うさを晴らしていたことがうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

替歌の関連キーワード越天楽黒田節定旋律東方紅モーラム演歌襯字絶対概念ホーミー最後の旋律

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

替歌の関連情報