槍先の功名(読み)ヤリサキノコウミョウ

大辞林 第三版の解説

やりさきのこうみょう【槍先の功名】

戦場での手柄。武勲。槍下の功名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やりさき【槍先】 の 功名(こうみょう)

戦場での功名。武功。槍先功名。
※歌舞伎・筑紫巷談浪白縫(黒田騒動)(1875)序幕「世俗に申す鎗先(ヤリサキ)の功名(コウミャウ)ゆゑに登庸せし忠臣無二のわが家柄」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android