黒田騒動(読み)くろだそうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒田騒動
くろだそうどう

江戸時代前期,筑前黒田藩に起きた御家騒動。2代藩主黒田忠之は倉八十太夫を重用して専制を行い,幕府の諸侯取りつぶし策に口実を与える事件を続発させた。そこで筆頭家老栗山大膳は,失政を理由とした藩の取りつぶしを防ぐため,寛永9 (1632) 年,忠之に逆意がある旨を幕府に訴えたが,対決の結果忠之が勝ち,除封を免れ藩の危急を救い,栗山は南部藩 (→盛岡藩 ) へ預 (あずけ) ,倉は高野山へ追われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐そうどう〔‐サウドウ〕【黒田騒動】

江戸初期、筑前福岡藩黒田家の御家騒動。藩主忠之と家老栗山大膳との確執から、寛永9年(1632)大膳は忠之に謀反心のあることを幕府に出訴。翌年、裁定があって黒田家は存続、大膳は陸奥盛岡藩南部家に預けられた。講談・歌舞伎などに脚色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒田騒動【くろだそうどう】

江戸初期の筑前福岡藩黒田家の御家騒動。藩主黒田忠之(長政の子)らと,その失政を批判する家老栗山大膳らとの対立が激化し,幕府が介入したが,栗山は盛岡藩お預けとなり(1663年),黒田家は取りつぶしを免れた。のち実録物,歌舞伎などの題材となり,一系統をなした。
→関連項目御家騒動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろだそうどう【黒田騒動】

近世初期の福岡藩黒田氏の御家騒動。1623年(元和9)藩主となった忠之は孝高(よしたか)(如水),長政の代からの譜代の功臣を退けて倉八十太夫らの側近を重用,そのうえ,軍船鳳凰丸の建造,足軽隊の増強など幕令をはばからぬ行為が多かった。家老栗山大膳(譜代功臣利安の嫡子)はしばしば忠之をいさめたが,忠之はかえって大膳を亡きものにせんとしたので,32年(寛永9)大膳は豊後府内藩主竹中采女正とともに江戸にのぼり,忠之に謀反の心あるの旨を幕府に訴え出た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くろだそうどう【黒田騒動】

江戸初期、筑前福岡藩のお家騒動。家老栗山大膳は藩主黒田忠之の失政による改易を恐れて1632年幕府に忠之謀反を出訴。取り調べの結果謀反は否認され、改易はまぬがれた。失政の張本人である側近の倉八十太夫は追放され、大膳は南部藩お預けとなった。歌舞伎・講談などに脚色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田騒動
くろだそうどう

江戸時代初期、福岡藩に起こった御家騒動。1623年(元和9)黒田長政(ながまさ)の死後、長子の忠之(ただゆき)が第2代福岡藩主となり、重臣栗山大膳(だいぜん)(1591―1652)が長政の遺言によって忠之を補佐した。しかし忠之は大膳ら旧臣を遠ざけて新参の倉八十太夫(くらはちじゅうだゆう)を重用、大膳らの諫言(かんげん)をいれず、大船鳳凰(ほうおう)丸の建造や足軽隊の新設など幕府の大名取りつぶしに口実を与える行為が重なった。このため両者はしだいに対立するようになり、ついには忠之が大膳を殺そうとしたため、1632年(寛永9)大膳は忠之が謀反を企てていると幕府に訴え出た。翌年幕府は忠之を尋問、大膳と黒田家の重臣を対決させた。この結果、謀反の事実はないとして、忠之の所領はいったん没収されたのち、先祖の軍功を理由に再安堵(あんど)され、倉八十太夫は高野山(こうやさん)へ追放、栗山大膳は南部(盛岡)藩に預けられ幕府より千人扶持(ぶち)を与えられ事件は落着した。大膳は忠之の失政によって黒田家が取りつぶされることを恐れ、わざと幕府に訴え出てこれを未然に防ごうとしたともいわれるが、真相は不明。読み物として潤色された『寛永箱崎(はこざき)文庫』などがあり、講談、歌舞伎(かぶき)などによっても上演され、加賀騒動、伊達(だて)騒動などとともに広く世間に知られた。[柴多一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田騒動の関連情報