コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田騒動 くろだそうどう

7件 の用語解説(黒田騒動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒田騒動
くろだそうどう

江戸時代前期,筑前黒田藩に起きた御家騒動。2代藩主黒田忠之は倉八十太夫を重用して専制を行い,幕府の諸侯取りつぶし策に口実を与える事件を続発させた。そこで筆頭家老栗山大膳は,失政を理由とした藩の取りつぶしを防ぐため,寛永9 (1632) 年,忠之に逆意がある旨を幕府に訴えたが,対決の結果忠之が勝ち,除封を免れ藩の危急を救い,栗山は南部藩 (→盛岡藩 ) へ預 (あずけ) ,倉は高野山へ追われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐そうどう〔‐サウドウ〕【黒田騒動】

江戸初期、筑前福岡藩黒田家の御家騒動。藩主忠之と家老栗山大膳との確執から、寛永9年(1632)大膳は忠之に謀反心のあることを幕府に出訴。翌年、裁定があって黒田家は存続、大膳は陸奥盛岡藩南部家に預けられた。講談・歌舞伎などに脚色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒田騒動【くろだそうどう】

江戸初期の筑前福岡藩黒田家の御家騒動。藩主黒田忠之(長政の子)らと,その失政を批判する家老栗山大膳らとの対立が激化し,幕府が介入したが,栗山は盛岡藩お預けとなり(1663年),黒田家は取りつぶしを免れた。
→関連項目御家騒動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

黒田騒動

1956年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作:北条秀司、脚色:高岩肇、撮影:吉田貞次。出演:片岡千恵蔵大友柳太朗、片岡栄二郎、高堂国典、南原伸二、原健策、薄田研二ほか。三大お家騒動のひとつと言われる福岡藩の黒田騒動を描く。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くろだそうどう【黒田騒動】

近世初期の福岡藩黒田氏の御家騒動。1623年(元和9)藩主となった忠之は孝高(よしたか)(如水),長政の代からの譜代の功臣を退けて倉八十太夫らの側近を重用,そのうえ,軍船鳳凰丸の建造,足軽隊の増強など幕令をはばからぬ行為が多かった。家老栗山大膳(譜代功臣利安の嫡子)はしばしば忠之をいさめたが,忠之はかえって大膳を亡きものにせんとしたので,32年(寛永9)大膳は豊後府内藩主竹中采女正とともに江戸にのぼり,忠之に謀反の心あるの旨を幕府に訴え出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くろだそうどう【黒田騒動】

江戸初期、筑前福岡藩のお家騒動。家老栗山大膳は藩主黒田忠之の失政による改易を恐れて1632年幕府に忠之謀反を出訴。取り調べの結果謀反は否認され、改易はまぬがれた。失政の張本人である側近の倉八十太夫は追放され、大膳は南部藩お預けとなった。歌舞伎・講談などに脚色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田騒動
くろだそうどう

江戸時代初期、福岡藩に起こった御家騒動。1623年(元和9)黒田長政(ながまさ)の死後、長子の忠之(ただゆき)が第2代福岡藩主となり、重臣栗山大膳(だいぜん)(1591―1652)が長政の遺言によって忠之を補佐した。しかし忠之は大膳ら旧臣を遠ざけて新参の倉八十太夫(くらはちじゅうだゆう)を重用、大膳らの諫言(かんげん)をいれず、大船鳳凰(ほうおう)丸の建造や足軽隊の新設など幕府の大名取りつぶしに口実を与える行為が重なった。このため両者はしだいに対立するようになり、ついには忠之が大膳を殺そうとしたため、1632年(寛永9)大膳は忠之が謀反を企てていると幕府に訴え出た。翌年幕府は忠之を尋問、大膳と黒田家の重臣を対決させた。この結果、謀反の事実はないとして、忠之の所領はいったん没収されたのち、先祖の軍功を理由に再安堵(あんど)され、倉八十太夫は高野山(こうやさん)へ追放、栗山大膳は南部(盛岡)藩に預けられ幕府より千人扶持(ぶち)を与えられ事件は落着した。大膳は忠之の失政によって黒田家が取りつぶされることを恐れ、わざと幕府に訴え出てこれを未然に防ごうとしたともいわれるが、真相は不明。読み物として潤色された『寛永箱崎(はこざき)文庫』などがあり、講談、歌舞伎(かぶき)などによっても上演され、加賀騒動、伊達(だて)騒動などとともに広く世間に知られた。[柴多一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田騒動の関連キーワード御家騒動栗山大膳黒田氏仙石騒動御家狂言小笠原騒動黒田藩黒田長清黒田治之近世初期風俗画

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒田騒動の関連情報