槍奉行(読み)ヤリブギョウ

大辞林 第三版の解説

やりぶぎょう【槍奉行】

武家時代、槍を持つ一隊の指揮にあたった者。槍大将。長柄大将。長柄奉行。
江戸幕府の職名。老中の下で、長柄同心と八王子千人同心頭を統轄した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やり‐ぶぎょう ‥ブギャウ【槍奉行】

〘名〙
① 武家の職制で、を持つ一隊を預かる職。長柄大将。槍大将。〔甲陽軍鑑(17C初)〕
② 江戸幕府の職名。老中の支配に属し、長柄槍組同心および八王子在住の千人同心頭を統轄。二千石高、菊の間南敷居外詰。定員三~五名、西丸は一名。属僚に同心が各一〇名ずつあった。〔柳営秘鑑(1743)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android