コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西丸 にしのまる

世界大百科事典 第2版の解説

にしのまる【西丸】

一般的には城の本丸の西側に位置する郭の意で,歴史的には江戸城の西丸が著名。江戸城西丸の地は,戦国時代までは城外であったが,徳川家康が入城してのち1592年(文禄1)に城を拡張して一郭とした。西丸建設にともない城下東側の海面(日比谷入江)が埋め立てられ,のちの西丸下(現,皇居前広場)ができた。西丸は初め〈御隠居城〉〈新城〉などと呼ばれた。家康隠退後の住居の予定であったのであろう。家康自身は西丸には住まなかったが,2代秀忠以後は将軍隠居後の大御所,あるいは将軍世子(せいし)の居城として使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西丸の関連キーワード堆朱楊成(15代)青木左京(2代)梅若実(1世)西丸 いさ子伊東吉左衛門佐久間信就お加久の方お波奈の方村田良阿弥西丸いさ子大久保教寛板倉蘭渓加藤文麗井戸弘道安藤定房戸田氏房小出英貞小倉明原大岡忠宜斎藤総模

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西丸の関連情報