樊(漢字)

普及版 字通「樊(漢字)」の解説


15画

[字音] ハン
[字訓] まがき・とりかご

[説文解字]
[金文]

[字形] 会意
(はん)+(はん)。はまがきの形。これを両手()でおしひらく形。〔説文〕三上に「鷙()(つな)がれて行かざるなり」と樊籠(はんろう)(鳥籠(かご))の意とするが、樊籬(はんり)(まがき)の象。まがきを原義とする字である。

[訓義]
1. まがき、かき。
2. とりかご、かご。
3. ほとり、かたわら、きわ。
4. みだれる、みだれるさま。
5. (はん)と通じ、馬のはらおび、樊纓(はんえい)。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕樊 カギル・カコフ

[声系]
〔説文〕に樊声として攀・など五字を収める。攀は攀援(はんえん)、手をかけてよじのぼる意。

[語系]
樊・biuan、(藩)piuanは声義近く、通用することがあり、樊籬をまた藩籬という。またpuanは柄の長い箕(き)(ちりとり)。竹で編んで作る。buanは声近く、馬帯をぐるぐるまくことをいう。

[熟語]
・樊纓・樊棘・樊然・樊樊樊・樊乱・樊籬・樊籠
[下接語]
雉樊・畜樊・柳樊・籠樊

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android