コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準信号発生機 ひょうじゅんしんごうはっせいきstandard signal generator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準信号発生機
ひょうじゅんしんごうはっせいき
standard signal generator

有線,無線の通信機器,その他電気機器の特性を測定するために用いる可変周波数発振器で,周波数,出力電力,変調度などが広範囲に変化設定できるものをいう。周波数は低周波から極超短波までの各種があり,変調方式も振幅変調,あるいは周波数変調が可能である。外部に直接信号が漏れるのを防ぐためシールドに注意した箱に収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android