コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極超短波 きょくちょうたんぱ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極超短波
きょくちょうたんぱ

極超短波」のページをご覧ください。

極超短波
ごくちょうたんぱ
ultra high frequency

波長 10cm~1m,周波数 300MHz~3GHzの範囲の電波。略記号は UHFデシメートル波ともいう。一部はマイクロ波の領域に含まれる。通信やレーダ,電子レンジなどの高周波加熱,UHFテレビジョンや携帯電話など用途が広く,電波天文学,電離層の研究などにも用いられる。回路はほとんど導波管などの立体回路で構成される。電磁ホーンやパラボラアンテナで放射され,光のように指向性が鋭い。電離層での反射がないので遠距離の通信には静止衛星などの中継局を必要とするが,自然雑音は少い。極超短波の発振にはクライストロンマグネトロン進行波管などの電子管のほか,ガリウムヒ素 (ヒ化ガリウム ) 結晶などの半導体を発振素子としたものが使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ちょうたんぱ〔‐テウタンパ〕【極超短波】

波長が0.1~1メートル程度、周波数300~3000メガヘルツ電波。直進性が強く、地上デジタルテレビ放送レーダーなどに使用。デシメートル波。UHF(ultrahigh frequency)。

ごく‐ちょうたんぱ〔‐テウタンパ〕【極超短波】

きょくちょうたんぱ(極超短波)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

極超短波【きょくちょうたんぱ】

UHF

極超短波【ごくちょうたんぱ】

UHF

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょくちょうたんぱ【極超短波】

ごくちょうたんぱ【極超短波】

普通、波長10センチメートルから1メートルの間の電波。周波数300メガヘルツから3ギガヘルツ。直進性が強く、テレビ放送や移動体通信システムなどに利用される。デシメートル波。 UHF 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の極超短波の言及

【マイクロ波】より

…極超短波ともいう。正式に定義された呼称ではなく,一般にUHF帯(300~3000MHz)ならびにSHF帯(3000~3万MHz)の両者の総称,あるいは約1000MHzから1万MHz程度までのやや漠然とした周波数範囲をいう。…

※「極超短波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極超短波の関連キーワードB.ジュリアン トムソン道路交通通信システムマイクロ波着陸装置G. サウスワースカセグレンアンテナ八木=宇田アンテナレッヘル線波長計オールチャンネルプラチナバンドユーエッチエフマイクロ波送電標準信号発生機サウスワース準マイクロ波不可視放射線ジアテルミー電波気象学テレビ放送岡部金治郎TACAN

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android