コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測微顕微鏡 そくびけんびきょうmicrometer microscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

測微顕微鏡
そくびけんびきょう
micrometer microscope

接眼マイクロメータなどの精密測定装置を接眼レンズに取付けてある顕微鏡。微小なものを精密に測定でき,標準尺の目盛り線の位置を読取るためなどに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そくびけんびきょう【測微顕微鏡 micrometer】

物体を拡大して観測に用いる顕微鏡において,対物レンズによる物体の拡大実像が結ばれる焦点面上に目盛を刻んだガラス平板を置き,目標とする像に合わせて移動させ,その移動量を読み取ることができるものを測微顕微鏡という。主として標準尺の目盛線の読取りに用い,標準尺と組み合わせて測長器として用いることが多い。対物レンズで拡大された像の大きさを読み取る方法に標線移動式,像移動式および直読式がある。標線移動式は焦点面に可動の二重線または十字線の標線が入っており,その標線をマイクロメーターによって移動させ,標準尺の目盛線の位置を読み取るもので,目量1μmの測微目盛ドラムの1回転に対して移動標線が補助目盛の一目盛分,すなわち0.1mmを移動する(図1)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の測微顕微鏡の言及

【マイクロメーター】より

…ねじの送り量が回転角度に比例することを利用した長さ測定器。スピンドルのねじのピッチをp,回転角度をαとすれば,スピンドルの軸方向の移動量xは, x=α・p/2πまた目盛面の半径をrとすれば,目盛の移動量yは, yrα=2πrx/pである。したがって,拡大率はy/x=2πr/pである。pを小さくし,rを大きくすれば,拡大率は大きくなる。一般のマイクロメーターのねじのピッチは0.5mm,目量(1目の読み)は0.01mmで,目盛面の半径は約8mmであるから拡大率は約95である。…

※「測微顕微鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報