模擬送電線(読み)もぎそうでんせん(英語表記)artificial transmission line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模擬送電線
もぎそうでんせん
artificial transmission line

送電系統の電気的特性を調べるために,送電線の特性を有限個のインダクタンスと静電容量の組合せで模擬したモデル送電線。実際の送電系統を電気的に模擬して,実験室で研究を行うための装置の一つである。送電系統の諸問題を解決するのに,計算による方法は時間と労力を要し,その結果は十分に信頼できるものではないので,モデル発電機とともに模擬送電系統をつくって,実際の送電系統における電気的および機械的諸現象を解析するのに使用する。またこの装置は将来の送電計画の研究に有効である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android