権の大宮司(読み)ごんのだいぐうじ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごん【権】 の 大宮司(だいぐうじ)

伊勢大神宮などの職員。大宮司の下、少宮司の上にあって、神宮の事をつかさどり、禰宜(ねぎ)以下を指揮した。延喜のころ初めて置かれたが、のちに廃された。権大司。
※類聚符宣抄‐一・応和二年(962)四月一七日・太政官符「応任豊前国八幡大菩薩権大宮司正六位上宇佐公貴文事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android