コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少宮司 ショウグウジ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぐうじ〔セウ‐〕【少宮司】

元慶5年(881)伊勢神宮に置かれた職員。大宮司の次で、これを補佐した。のち、熱田鹿島宇佐阿蘇諸社にも置かれた。
明治4年(1871)伊勢神宮や各官・国幣大社に置かれた神職の職階。
神宮司庁の職員の職階

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぐうじ【少宮司】

1871年(明治4)、伊勢神宮、および官国幣大社で、大宮司の下に置かれた神職。87年以後伊勢神宮以外では廃止。
中古、伊勢神宮に置かれた職員。大宮司を補佐する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の少宮司の言及

【大宮司】より

…大神宮司は神宮の祭祀全般を掌握すると同時に財政一般をも処理し,神郡および全国に散在する神戸(かんべ)の神税検収,その地における司法・警察権まで管掌した。870年(貞観12)になって1員を増加,さらに881年(元慶5)に大宮司,少宮司の区別をし,各1員とした。その俸禄には,季禄のほか,初任の年稲1000束,毎年絹50疋,米100斛が給せられた。…

※「少宮司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

少宮司の関連キーワード木野戸 勝隆禰宜・祢宜富岡 鉄斎浦田 長民渡辺重石丸今井 清彦萩原正平落合直澄富岡鉄斎国幣大社角田忠行井上頼囶伊能穎則浦田長民大畑弘国松岡時懋宇佐池守今井清彦青柳高鞆千家氏

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android