コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類聚符宣抄 ルイジュフセンショウ

4件 の用語解説(類聚符宣抄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

るいじゅふせんしょう〔ルイジユフセンセウ〕【類聚符宣抄】

平安時代の法令集。10巻。源経頼編という。天平9年(737)から寛治7年(1093)までの官符や宣旨などを部類別に編集したもの。左丞抄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

るいじゅうふせんしょう【類聚符宣抄】

737年(天平9)より1093年(寛治7)の間の太政官符,宣旨などの公的な文書700通余りを類別し,編集した法令集。《左丞抄》とも称する。11世紀末ないし12世紀初頭の編纂と推定され,元来は10巻より成るが,今は巻二,巻五を欠く。本書の編者は必ずしも明らかではないが,弁官局の上首である左大史の地位を代々占めた小槻氏(おづきうじ)の編纂とする説,日記《左経記》を記した左大弁源経頼の編とする説などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

るいじゅふせんしょう【類聚符宣抄】

官符・宣旨を弁官の実務の参考にするために事項別に集成した私的法令集。一〇巻(現存は八巻)。737年から1093年までのものを収めるが平安中期のものが最も多い。最終的には左大史の小槻宿禰家の編纂へんさんと考えられている。左丞抄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

類聚符宣抄
るいじゅうふせんしょう

平安時代後期に類別編纂(へんさん)された法令集。10巻。「左丞抄(さじょうしょう)」ともいう。平安初期より1093年(寛治7)までの太政官符(だいじょうかんぷ)、宣旨(せんじ)、官宣旨、解状(げじょう)など730通余を収載。737年(天平9)の官符、詔書各1通も含むが、全体の3分の2近くは宣旨で、『類聚三代格(さんだいきゃく)』未収文書や他書にみえない平安中期の文書を多数収めており、公家(くげ)制度研究の重要史料である。編者は左大弁(さだいべん)源経頼(つねより)とする説が有力であり、のち左大史(さだいし)を世襲した小槻(おつき)氏が太政官政務の参考書として転写したとみられ、1121~22年(保安2~3)の最古の写本が長く壬生官務家(みぶかんむけ)に秘蔵された(現、宮内庁書陵部蔵)。1691年(元禄4)ごろに壬生季連(すえつら)が書写してから数種の転写本が作成され、1820年(文政3)塙保己一(はなわほきいち)によって出版された。宮内省図書寮編本のほか、『新訂増補国史大系』に所収。[弓野正武]
『清水潔著『類聚符宣抄の研究』(1982・図書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

類聚符宣抄の関連キーワード寛治弘法寺伊福部男依覚実(1)紀女王鶴沢寛治(2代)鶴沢寛治(5代)鶴沢寛治(7代)藤原乙麻呂明実

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone