コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山猶蔵 よこやま ゆうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山猶蔵 よこやま-ゆうぞう

1835-1858 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年8月10日生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。藩校明道館の句読(くとう)師をつとめる。橋本左内の腹心となり,安政5年藩命をうけ左内とともに京都で三条実万(さねつむ)らと会合して将軍継嗣(けいし)問題などの斡旋(あっせん)につとめた。同年8月13日江戸で病死した。24歳。名は克壮。

横山猶蔵 よこやま-なおぞう

よこやま-ゆうぞう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

横山猶蔵 (よこやまゆうぞう)

生年月日:1835年8月10日
江戸時代末期の越前福井藩士
1858年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

横山猶蔵の関連キーワードゆうぞう生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android