コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫田北岸 かしだ ほくがん

1件 の用語解説(樫田北岸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫田北岸 かしだ-ほくがん

1757-1794 江戸時代中期-後期の医師,儒者。
宝暦7年1月25日生まれ。大田錦城の兄。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩医。安永7年(1778)父の跡をつぎ,前田利精(としあき)・利物(としたね)・利考(としやす)の3代の藩主につかえる。生け花をよくし,とくに瓶花(へいか)にすぐれた。寛政6年8月21日死去。38歳。加賀出身。名は命真。字(あざな)は伯恒(はくこう),君岷(くんみん)。通称は順格。別号に竹隠。著作に「旗山集」「瓶花菴集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

樫田北岸の関連キーワード羅城秋山遜柴居三鍼清水直次樗雲林祐元屋代通賢吉田子方渡辺子観

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone