コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫田北岸 かしだ ほくがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫田北岸 かしだ-ほくがん

1757-1794 江戸時代中期-後期の医師,儒者。
宝暦7年1月25日生まれ。大田錦城の兄。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩医。安永7年(1778)父の跡をつぎ,前田利精(としあき)・利物(としたね)・利考(としやす)の3代の藩主につかえる。生け花をよくし,とくに瓶花(へいか)にすぐれた。寛政6年8月21日死去。38歳。加賀出身。名は命真。字(あざな)は伯恒(はくこう),君岷(くんみん)。通称は順格。別号竹隠。著作に「旗山集」「瓶花菴集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

樫田北岸の関連キーワードワット(James Watt)知識学ロベスピエールプラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦いエベールザンド朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android