コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田錦城 おおた きんじょう

4件 の用語解説(大田錦城の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大田錦城

江戸後期の儒者。加賀生。名は元貞、字は公幹、通称才佐、金城は号、春草翁、柳橋釣吏は別号。京都の皆川淇園、江戸の山本北山に学ぶ。折衷学派。加賀藩儒臣。「周易詳説」他多数の著書がある。文政8年(1825)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大田錦城【おおたきんじょう】

江戸後期の儒学(考証学)者。加賀(かが)国大聖寺(だいしょうじ)の人。京都の皆川淇園(きえん),江戸の山本北山に学んだが意に満たず,自ら刻苦した。のち加賀金沢藩に仕え,《九経談(きゅうけいだん)》《梧窓(ごそう)漫筆》《春草堂(しゅんそうどう)詩集》などを著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田錦城 おおた-きんじょう

1765-1825 江戸時代後期の儒者。
明和2年生まれ。京都の皆川淇園(きえん),江戸の山本北山にまなぶが,あきたらず独学。折衷学に清(しん)(中国)の考証学をとりいれた。三河(愛知県)吉田藩につかえ,晩年は加賀金沢藩にまねかれた。文政8年4月23日死去。61歳。加賀(石川県)出身。名は元貞。字(あざな)は公幹。通称は才佐。著作に「九経談」「梧窓漫筆」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大田錦城

没年:文政8.4.23(1825.6.9)
生年:明和2(1765)
江戸中・後期の儒学者,詩人。加賀大聖寺藩医樫田玄覚の7男。名は元貞。字公幹。通称才佐。幼いころは家兄・後の加賀藩儒樫田北岸と父の素読を受け,10歳代の後半までには古方医を修めた。天明4(1784)年,山本北山の奚疑塾に入るべく出府。北山と仲違いして後は,文化8(1811)年ごろ,三河吉田藩儒に仕官するまで,ほとんど市井において儒者文人の声名を挙げた。時流のアンチ古学派の経学と詩文を展開。経学の自説をまとめた『九経談』(4冊,1804)の今日伝わる板本類には読者の批評が多く書き込まれており,当時の儒学ベストセラーがいかに読まれたかがわかる。和文随筆『梧窓漫筆』(全6冊,前編1813)とともに,幕末期を通して数回の後印を重ねる。寛政改革の際には異端視された上,賭博など素行の数々を指弾されており(『よしの冊子』),悪評判が絶えなかった。化政期の学者評判記に現れるその姿には,幕末の職業文人の一原型を見いだすことができる。文政5(1822)年に故国の金沢藩に招かれたが,ほどなく亡くなった。<参考文献>太田才次郎『旧聞小録』,井上善雄著『大田錦城伝考』上

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大田錦城の関連キーワード前田利幹大江知言大聖寺棕軒東方雙岳藪内休々斎加賀大聖寺漢儒井上蘭沢本多清兵衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大田錦城の関連情報