コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹法 じゅほうshù fǎ

世界大百科事典 第2版の解説

じゅほう【樹法 shù fǎ】

東洋画において,樹木をかく技法。樹木は人物・山水・花鳥画の重要な構成要素であり,古来多くの画法が発明された。唐の韋偃(いえん)は竜をかたどった,張璪は孤高におごる松,宋の李成郭熙は君子を象徴すると同時に奇怪な寒林米友仁無根樹馬遠は車輪蝴蝶の松,元の倪瓚(げいさん)はまばらな蕭散とした雑樹をかいた。また根,幹,枝,葉の各部も多様に分かれ,根は露根,枝は鹿角,蟹爪,葉は点葉,夾葉などの画法があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

樹法の関連キーワードFTA法東征絵伝高橋喜平山水画早春図東洋画

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android