コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橈骨動脈 とうこつどうみゃく radial artery

2件 の用語解説(橈骨動脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橈骨動脈
とうこつどうみゃく
radial artery

上腕動脈から肘関節のところで分枝して前腕の外側を走る動脈をいう。腕橈骨筋の内側に沿って下り,前腕の上3分の2ではこの筋肉におおわれるが,それから下は皮下近くの浅筋膜におおわれるだけである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうこつ‐どうみゃく〔タウコツ‐〕【×橈骨動脈】

肘窩上腕動脈から分かれる動脈の一つ。前腕の親指側を橈骨に沿って下行し、手掌で尺骨動脈の深掌枝と合流して深掌動脈弓を形成する。をとるときに触れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橈骨動脈の言及

【腕】より

…また前腕の前面には8個の概して細長い筋肉があって,主として手首を曲げたり,指を曲げたり,回内といって前に向いている掌を内側から後ろに向けたりする運動をいとなみ,前腕の後面には11個の筋肉があって,前面の筋肉の拮抗筋として,手首や指を伸ばしたり,回外運動を行ったりする。腕を養う動脈は鎖骨下動脈のつづきであって,はじめ腋窩(えきか)動脈となり,さらに上腕動脈となり,前腕では橈骨動脈と尺骨動脈の2幹にわかれる。橈骨動脈は手首のところで皮下を橈骨の前に沿って走るので,たやすく外から触れることができる。…

※「橈骨動脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橈骨動脈の関連キーワード冠状動脈コロトコフ法外旋内旋脱分枝酵素上腕骨 (humerus, [pl. humeri], arm bone)前腕骨格 (skeltons of antebrachium [forearm])肘関節 (elbow joint, cubital joint, articulatio cubiti)尺骨 (ulna, [pl. ulnae])

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橈骨動脈の関連情報