コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋口隆吉 はしぐち りゅうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋口隆吉 はしぐち-りゅうきち

1914-1996 昭和-平成時代の金属物理学者。
大正3年8月23日生まれ。昭和29年東大教授となる。50年東京理大教授。結晶格子欠陥の研究で知られる。また核融合炉の材料開発に指導的役割をはたした。51年学士院賞。平成8年10月4日死去。82歳。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしぐちりゅうきち【橋口隆吉】

1914~1996) 金属物理学者。神奈川県生まれ。東大教授。金属内を通過する音波や超音波の減衰を研究して、減衰の極大現象である「関口ピーク」を発見。金属物理学における格子欠陥研究に貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

橋口隆吉の関連キーワード超音波減衰

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android