橋本昌方(読み)はしもと まさかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本昌方 はしもと-まさかた

?-? 江戸時代後期の和算家。
江戸の人。関流の池田貞一(ていいち)にまなぶ。文政13年(1830)「算法点竄(てんざん)初学抄」をあらわす。同書は重心についての問題を掲載した版本として知られる。通称は八郎。号は天津。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android