コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田貞一 いけだ さだかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田貞一 いけだ-さだかず

?-? 江戸時代後期の和算家。
文化-文政(1804-30)ごろの人。白石長忠(ながただ)の高弟で,三卿のひとつ清水家につかえた。累円術についての環円簾術(池田の定理)で知られる。編著に「数理無尽蔵」があるが,白石の著ともいわれる。字(あざな)は純夫。通称は十左衛門。号は旭岡,有竹居。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池田貞一の関連キーワード傷害保険オーバーヘッドアプローチ経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈傷害特約ヘロディアヌス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone