関流(読み)せきりゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐りゅう ‥リウ【関流】

〘名〙
① 和算の流派の一つ。関孝和の流れをくむもの。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)一三「算術名高き関流の祖関新助墓は」
② 砲術の流派の一つ。江戸初期、霞流砲術の祖丸田九左衛門盛次の門人、関八左衛門文信のはじめたもの。土浦藩の関家が流儀を伝える。
③ 平家琵琶の流派の一つ。八坂検校城玄(城元)を祖とする。関派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきりゅう【関流】

和算の流派の一つ。数学の流派はその研究の対象が数学なので,流派の間の違いはほとんどない。流派によってはほんの少し数式の表し方に違いのあることもある。関流というのは,関孝和弟子,あるいは孫弟子に教わったという意味である。関流という名称を初めて使ったのは関孝和の孫弟子松永良弼で,松永の弟子山路主住から関流何伝というようになった。初伝荒木村英,2伝松永良弼,3伝山路主住,4伝安島直円藤田貞資,5伝日下誠,6伝和田寧,内田五観と続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android