コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関流(読み)セキリュウ

世界大百科事典 第2版の解説

せきりゅう【関流】

和算の流派の一つ。数学の流派はその研究の対象が数学なので,流派の間の違いはほとんどない。流派によってはほんの少し数式の表し方に違いのあることもある。関流というのは,関孝和の弟子,あるいは孫弟子に教わったという意味である。関流という名称を初めて使ったのは関孝和の孫弟子松永良弼で,松永の弟子山路主住から関流何伝というようになった。初伝荒木村英,2伝松永良弼,3伝山路主住,4伝安島直円藤田貞資,5伝日下誠,6伝和田寧,内田五観と続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきりゅう【関流】

和算の流派。関孝和を祖とするもの。
砲術の一派。江戸初期の関文信を祖とするもの。
琵琶法師の一派。八坂城元を祖とするもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android