コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

版本 はんぽん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

版本
はんぽん

板本とも書く。写本に対する言葉で,木版で印刷された本をさす。木活字や銅活字による刊本とは区別する説もある。日本の代表的な版本は高野版五山版などもあるが,特に江戸時代に発達し,読本滑稽本人情本草双紙など江戸文学の大衆化に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぽん【版本/板本】

版木に彫って印刷した本。木版本。刻本。
刊本2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

版本【はんぽん】

広義には書写本に対して印刷された図書の意で,狭義には,活字その他による印刷本に対して木刻整版によるものをさす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんぽん【版本】

広義では書写本に対して印刷に付した書物をいい,狭義では活字その他による印刷本に対してとくに木刻整版本をいう。ここでは狭義の版本だけを取り上げることとする。義浄三蔵(635‐713)の《南海寄帰内法伝》によれば,インドでも型をもって多数の小塔を造り,印板を使用して経文を絹などに印刷したのを見かけたとあり,その他傍証とするに足るものも存するから,厳密な意味での木版印刷術の発祥地はインドであるかもしれない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

版本

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の版本の言及

【印刷工】より

…戦後は,1946年に全日本印刷出版労働組合が組織されたが,内外の諸情勢に対応できずに分裂を重ね,現在は,全国印刷出版産業労働組合総連合会(略称,全印総連),全東京印刷出版労働組合連合会(略称,東京印労)がある。【矢作 勝美】
[中国]
 中国で活字本とか,抄本つまり写本とかでなく,板に彫った〈版木(はんぎ)〉を用いて印刷した書物のことを刊本,版本,刻本,雕本などと呼び,またそのように彫る行為を版刻,雕版などという。そして版刻の職人を刻工と呼んだ。…

【暦】より

…古いものは後代のと比すると形式も一定せず簡潔である。 暦には版本と書写本がある。具注暦は本来書写本であり,版本はきわめて少ない。…

※「版本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

版本の関連キーワード刷り本・刷本・摺り本被せ彫り・被せ彫絵入り狂言本絵入り細字本卜養狂歌集版本・板本大清一統志慶長活字絵入り本四部備要補刻本古刊本大内版狂言本耳底記駿河版乱れ版和刻本芥子本初印本

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

版本の関連情報