橋本梅尾(読み)はしもと うめお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本梅尾 はしもと-うめお

1817-1882 江戸後期-明治時代,橋本左内の母。
文化14年生まれ。16歳で越前福井藩医橋本長綱と結婚し,3男1女を生む。夫の死後,子の養育につとめる。長男左内は福井藩校明道館学監,次男綱維(つなこれ)は大阪鎮台病院長,3男綱常は東京大学教授,陸軍軍医総監となった。明治15年6月16日死去。66歳。越前出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android