コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘東世子 たちばな とせこ

美術人名辞典の解説

橘東世子

歌人。冬照の妻。江戸生。橘守部歌道を学ぶ。冬照歿後家学を継承し、徳川家定夫人天璋院に仕えた。著書に『明治家集』、家集に冬照との合集『椎の故夜提』がある。明治15年(1882)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘東世子 たちばな-とせこ

1806-1882 江戸後期-明治時代の歌人。
文化3年9月5日生まれ。橘守部にまなび,守部の子冬照と結婚。義父と夫の著述をたすけ,夫と死別後,将軍徳川家定夫人の天璋院につかえた。夫と合作の家集「椎の故夜提(こやで)」,編著「明治歌集」がある。明治15年10月13日死去。77歳。江戸出身。本姓は河合。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘東世子

没年:明治15.10.13(1882)
生年:文化3.9.5(1806.10.16)
幕末・明治初期の歌人。江戸の人。国学者橘守部の子冬照の妻。幼時から守部について国学,和歌を学び,書も能くした。夫亡きあとも家業の歌学に専念。明治9(1876)年より7年かけて,各地の歌人の歌を集め『明治歌集』全5編を選した。<参考文献>『椎のこやで』下

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

橘東世子の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android