コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘東世子 たちばな とせこ

3件 の用語解説(橘東世子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

橘東世子

歌人。冬照の妻。江戸生。橘守部に歌道を学ぶ。冬照歿後家学を継承し、徳川家定夫人天璋院に仕えた。著書に『明治家集』、家集に冬照との合集『椎の故夜提』がある。明治15年(1882)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘東世子 たちばな-とせこ

1806-1882 江戸後期-明治時代の歌人。
文化3年9月5日生まれ。橘守部にまなび,守部の子冬照と結婚。義父と夫の著述をたすけ,夫と死別後,将軍徳川家定夫人の天璋院につかえた。夫と合作の家集「椎の故夜提(こやで)」,編著「明治歌集」がある。明治15年10月13日死去。77歳。江戸出身。本姓は河合。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘東世子

没年:明治15.10.13(1882)
生年:文化3.9.5(1806.10.16)
幕末・明治初期の歌人。江戸の人。国学者橘守部の子冬照の妻。幼時から守部について国学,和歌を学び,書も能くした。夫亡きあとも家業の歌学に専念。明治9(1876)年より7年かけて,各地の歌人の歌を集め『明治歌集』全5編を選した。<参考文献>『椎のこやで』下

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘東世子の関連キーワード八木奇峰家永熊吉入谷澄士岡本保誠狩野水子昇斎一景関直吉椿月杵那須拙速松本良甫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone