コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘糸重子 たちばな いとえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘糸重子 たちばな-いとえこ

1879-1939 明治-昭和時代前期のピアニスト,歌人。
明治12年10月18日生まれ。ケーベルにまなび,明治34年母校東京音楽学校(現東京芸大)教授。かたわら「心の花」にはいり,佐佐木信綱に師事。島崎藤村にピアノをおしえ,親交があった。芸術院会員。昭和14年8月31日死去。61歳。三重県出身。本名は糸重。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘糸重子の関連キーワードピアニスト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘糸重子の関連情報